【半田労働基準監督署】時間外労働を行うには36(サブロク)協定が必要です。

労働者の方に1日8時間以上または1週間40時間を超えて時間外・休日労働してもらう場合には、あらかじめ、事業場(本社、支店、営業所など)ごとに「時間外労働・休日労働に関する協定」(36協定)を締結し、所轄労働基準監督署に届け出る必要があります。

労働基準法の改正により、2019年4月1日(中小企業については202041日)から、36協定において協定できる法定労働時間を超えて労働させることができる時間数や法定休日において労働させることができる時間数については、上限時間が新たに法定化されています。

36協定は一度届け出れば将来にわたり有効というものではありません。有効期間切れに注意しましょう。

 

詳しくは、厚生労働省サイト「スタートアップ!労働条件」を確認、もしくは最寄りの労働基準監督署にお問い合わせください。